ネットショップの種類と選ぶポイント

モール型

  • 楽天市場
  • アマゾン
  • Yahoo!ショッピング

自社サイト型

自社サイト型にも構築方法によって、ASP型、オープンソース型、パッケージ型、クラウドEC型とフルスクラッチ型の5種類あります。
それぞれ代表的なECサイト:

選ぶポイント

  • 各種費用
  • 構築方法
  • ショップ管理機能
  • サポート内容

どのタイプのショップを選ぶかによって、かかる費用が異なり、集客・セキュリティー対策手段も変わってきます。

・モール型
メリット:集客・セキュリティー対策、専門知識不要、サポートが充実
デメリット:初期費用、維持費用、決済手数料などが高い、デザインの自由度がない、利益率が低い、価額競争が激しい

・自社サイト型
構築方法によって、費用も機能も様々です。
共通のメリットといえば、自由なデザイン性です。
共通のデメリットといえば、集客対策が必要です。
①ASP型、初期導入、運営維持コストが低い、利益率が高い、モール型に比べデザインの自由度が高い、標準機能を利用しているため、専門知識がなくても一通りできる。セキュリティー、バージョンアップ対応する必要ありませんが、カスタマイズ性、他のシステムとの連携に限界があります。
②パッケージ型、初期導入、運営維持コストはASP型に比べ高い、カスタマイズ性、他のシステムとの連携が自由に出来き、専門知識が必要、バージョンアップの対策が必要です。
③クラウド型、パッケージ型と同様にカスタマイズ性、他のシステムとの連携が自由に出来き、専門知識が必要です。初期導入、運営維持コストはパッケージ型より高いですが、バージョンアップの対策が必要ありません。
④オープンソース型、導入費用無料、デザインの自由度が高い、ある程度専門知識が必要、集客、セキュリティー対策が必要、レンタルサーバーが必要、全てにおいて自己責任で運用することが求められます。
⑤フルスクラッチ型、ゼロから構築するため、全ての機能、デザイン、他のシステムとの連携が自由に実現できる。費用は非常に高い、集客、セキュリティー対策が必要、レンタルサーバーが必要、システム保守が重要である。


以上をまとめますと、ネットショップ開業初期段階では、費用を抑えたい、専門知識不要、セキュリティー対策不要、リスク少ないという観点からASP型の方が適しているのではないかと思います。ただ、集客を優先に考えた場合は、コストが高くても、知名度が高い、莫大な広告費をかけて、圧倒的な集客力をもつモール型も念頭に入れておきましょう。
※Yahoo!ショッピングでは、無在庫販売はNGのため、モール型をご検討の際、注意が必要です。

役に立つ