テレワークで地方移住、最大100万円補助 政府21年度から 日本経済新聞

日本経済新聞によると、政府は2021年度より、テレワークで東京の仕事を続けつつ地方に移住した人に最大100万円を交付する。地方でIT(情報技術)関連事業を立ち上げた場合は最大300万円補助金として支給されます。背景には新型コロナウイルスの感染拡大で高まった働き方の変化を踏まえ、地方の活性化につなげることであった。

皆さんは今どのような働き方をされていますか。

これまで子育てや家族介護などの都合で外では働けない方が抱える悩み、または、子育てながら働く女性の大変さ、一向に改善されませんでした。

今回、新型コロナウイルスの影響で、多くの人の生活を大きく変えました。その一番大きい変化といえば、自宅でのリモートワークです。仕事はインターネット環境さえあれば、現在のIT技術を駆使して、どこでもできるとの気付きを得たのではないでしょうか。

どこでも仕事ができるなら、通勤しなくてもいいのではと思えるようになり、これまで「憧れの田舎暮らし」「夢の田舎暮らし」が実現できると地方移住への意識が高まっています。

内閣府の統計によると、緊急事態宣言が全面解除された2020年5月25日から6月5日までの間、1万人を対象に調査を実施した結果、リモートワーク経験者のうち24.6%、つまりおよそ4人に1人が地方移住への関心が高くなったことが分かりました。さらに、リモートワーク経験者の64.2%、およそ3人に2人は「仕事より生活を優先させたい」と答えています。

また、調査では、対象とする東京23区在住20代の35.4%が地方移住の高い関心を持つことが分かりました。

コロナのきっかけにして皆さんの働き方や暮らし方への意識変化、そして、現在のネット環境とアプリなどネットインフラが整備されていることから、コロナ禍が収束したとしても以前のように満員電車の通勤ではなくなり、リモートワークというライフスタイルがこの先も続くと予測されます。

皆さんは今後の働き方や暮らし方について計画を立てていますか。

政府は地方活性化に力を入れ、地方移住を推進しています。

しかし、「地方移住」「夢の田舎暮らし」は、収入がなければ、どうやって生活していくのか、心配される方が多いのでは?

そんな方には、中国輸入無在庫販売が仕事の選択肢の1つとして、ご検討してみてはいかがでしょうか。無在庫販売ならインターネット環境さえあれば、いつでもどこでもできる。無在庫販売ならあなたを生涯現役にしてくれる。ぜひこのネットビジネスを皆様にお勧めしたいと思います。この仕事なら皆様の憧れの田舎暮らしという夢を実現してくれます。

これから田舎暮らしにご興味のある方、ご検討される方、ぜひお話を聞かせて頂き、皆様の仕事を全力でサポートさせて頂くことはもちろんです。
都会では味わえない田舎くらしの良さをぜひ味わって欲しいです。都内まで1時間ほどの人気エリア千葉県であなたにぴったりの田舎くらしの物件もご紹介します。実例、千葉県茂原市に築26年の中古戸建てたっだ350万を購入して、広い庭付き、駐車場付き、好きな野菜やお花を庭で栽培しながら、静かな環境で新鮮な空気を吸いながら、気持ちよく仕事をされている方がいらっしゃいます。そして、何と言っても物価が安い!新鮮な食材が豊富で魅力的だと思います。

自然の中で好きなことを自由にでき、心身ともに健康にしてくれる、自分らしい夢のような暮らしが皆様を待っています。

役に立つ